スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミケは厚かった3

長く待たせましたがようやく完成です。

タイトルが紛らわしいとニラさんに怒られたので、うしろに番号をつけてみた。

まぁ、いつものように興味のある方だけどうぞー。

参加者紹介

ドルルン:
民主主義とかよくわからんが、いつのまにかドリル認定されてしまったガラスハートの男の子。サレナさんいわく防弾ガラスのハートらしい。ドリルじゃねぇっつてんだろ!ダラス!
いつの間にか副幹事にさせられてた。

鬼さん
この霖オフの幹事。主催ではない。
今回は本体のグラサンがないためスタンドが勝手に歩いているような状態。
本体から離れすぎているための能力が使えないとか何とか。

みむにさん
ツンデレ。
最近ますます細くなったとかないとか。
天然でボケの多い霖オフでは貴重な突っ込み。

篠崎さん
エロス。
魅惑のボイスであらゆる人を魅了する魔人。
いつか魔王になってそのエロいボイスで世界を征服するらしい。地球が危ない!

蛇さん
最近ニコニコで生放送を始めた方。結構人気。
BLラジオで男っぽい声から、若干可愛い声までいろいろ出したりする。
いまだに多くの方が本当のHNを覚えていないが、本人も忘れていたりするので大して問題ではない。

はみゅんさん
別名『公卵』
はっはっは!
エロを追い求めるヤツは変態だ。
オフ会でエロい話題を堂々と出すヤツは訓練された変態だ。
本当に霖オフは地獄だぜ!

一条さん:
紳士。超紳士。すさまじいほどに紳士。
陣羽織がめちゃくちゃ似合う方。
今回もビール片手にみんなのお父さんになっていた。

黄緑さん
本当にプロフの絵そっくりの服装でやってきた。似すぎ。
緑の帽子が目立つ目立つ。
逆に帽子かぶってなかったら誰だか分らなくなりかけたりする。

ニラさん
信じられないほどの体力を持った猛者。
なんだか知らないが妙に縁があり、霖オフの後もいろいろ回ったりした。
あとレバニラっておいしいよね?

NINAさん
今日も今日とてバイトで死にかけてる方。
最近PCの不調もあいまって絶望してるらしい。
慧霖漫画でも描いてくれないかな?
あと鍋奉行。

REMさん
慧霖本を自慢げに持って来た方。
うらやましくなんかないんだからね!
パルパルパルパルパルパルパル。

たもんさん:
一条さんの友人。
冬コミの時に毒されたのか再び参加。
なんだかどんどん染まっていってるとか何とか。

きたじーさん:(名前間違ってたらすみません)
一条さんに拉致られた被害者。
NINAさんの鍋奉行っぷりのビビってたらしい。

ウタカタさん


ギウラさん
ギウラ★


以上、十数名。数えるのめんどい。

ニラさんと合流した私たちは霖オフ会会場へと急ぐ。
ちなみにこのとき予約した時間が若干すぎており、一条さんたちには先に行ってもらうことに。


そんな迷惑をかけつつようやく会場に到着。
一条さんたちとのあいさつの後、早速飲み会へ移行。

各自適当に座り始めるのだが……

みむさん「……」
しのさん「………」
蛇さん「…………」
私「……あれ?前回もこの四人で固まってなくね?」

相も変わらず隔離される四人。
もしくは磁石で引かれ合ってるのかもしれない。

私「ところで飲み物何にします?」
しのさん「じゃあ、ウーロン茶で」
みむさん「私もウーロン」
ウタカタさん「ああ、オレンジジュースで」
私「おいおい、お前ら。酒頼めよ酒を」
しのさん「じゃあ、ドルさんは何だ?」
私「ウーロン茶で」

いつもどおりの展開でどんどんドリンクが注文されていく。
そして運ばれてきたドリンクを掲げて乾杯へ。

鬼さん「よーし、カンパーイ」
「「カンパーイ」」
私「カンパーイ」←両手にビールとウーロン茶を持って
しのさん「ちょw両手かよ」

そんなどうでもいいネタとともに飲み会が始まった。

はみゅんさん「私はですね。●□△★……」

前回同様早速暴走を始めるはみゅんさん。
とても健全ブログで通ってるここには載せることのできない会話がおりなされる。
自重しねぇよ。この人。

一条さん「私はですね。●□△×……」
そしてそれに乗る紳士。
あんたら暴走すんの早すぎだから。

そんな中なぜか主食の話に
ギウラさん「そういえば私よくスポーツドリンクだけで過ごすことあるんですよ。主食がスポーツドリンクみたいなw」
しのさん「え、それってしゅい」

ピーーーーーーーーーーーーー
放送事故が発生しました。
よい子のみんなは間違っても変換をしないように。

ここで鍋が登場。
一条さん「鍋は一瞬のタイミングが……命!」
NINAさん「おびえろ!すくめ!鍋の火加減がわからぬまま死んでゆけ!」
両極の鍋奉行が恐怖しつつ中央の鍋はなぜか私が奉行をやるはめに。

ギウラさん「どうするんですか?鍋奉行!」
私「じゃあ、まず先に煮え難い椎茸から……」
REMさん「は、入りました」
私「ああ、白菜を……」
ウタカタさん「入れたぞ。さぁ、次のオーダーはなんだ、早くしろ。さぁ、ハリーハリーハリーハリーハリー!」
私「うるせぇ!こまけぇこたぁいいんだよ!」
ギウラさん「わぁ!ドルルンさんが野菜を全部ぶち込んだぁ!」
REMさん「さすがドルさんだ!俺たちのできないことを平然とやってのける!そこにしびれもしないしあこがれもしないぜ!」

ぶっ込んだことが幸いしたのかたぶん違うだろうけど両極に比べ平和に鍋を楽しむことができたとか何とか。


ある程度鍋が終わったところで。
鬼さん「そうだ、自己紹介をしよう」
私「それって普通飲み会が始まる時にやらね?」

というわけでなぜか自己紹介することにトップバッターはだれかという話になり、年長ということでなぜか私が選ばれる羽目に。
いや、もっと年長いるだろ!
しかし、なんだかんだいいつつやり始めてしまう私。
私「えーっと、ドルルンです。なぜかドリルとか言われてますけどドリルじゃねぇから」
鬼さん「よーし、よくやったドリル。感動した」
私「ドリルジャナイヨー!」
「「ドーリールー!ドーリールー!」」

予想通りの反応。
てめえら。あとでちょっと体育館裏にこい。

ともかく自己紹介が終わったので、そのまま腰をおろして鍋をつつき始める私。
みんなも楽しそうに鍋をつついている。


私「って私で終わりかよ!!!」
鬼さん「えーーーー」


その後いろいろあった(ぶっちゃけ忘れた)がオフ会も終わりを迎える。
みむさんと私は蛇さんのところへ失礼することに。
そしてなぜかニラさんが付いてくる。
ニラさん「いや、頼んでおいた友人からキャンセル食らってしまいまして……」
本当に変な縁があるとしか思えないこの三人。
そうして私の霖オフはニラみむな結果に終わるのであった……


いろいろと大変なこともありましたが参加した皆さんお疲れさまでした。
ちなみに参加者で、ここが違うとか、マジ勘弁してくれとかありましたら連絡くださいな。
ならべく迅速に修正させていただきます。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。